正装をする

留袖は、身内や親族の結婚式にはかかせない正装です。家族の結婚式や親族の結婚式はたいへんおめでたい楽しく華やかなできごとですが、お客さまを美しくお見せるために、身内は黒留袖を着るのが、決まりごとになっており、お客さまをお迎えする大切な心遣いでもあるのです。しかし、着物というのは洋服と比べてもたいへん高価なわりに、親族の結婚式が続いているというわけではなく、着る機会は数えるほどという場合もあるでしょう。また留袖を買い求めておくといっても、お仕立てや紋つけには時間がかかるもので、今日お仕立てを依頼して、明日すぐに着られるという、簡単なものではありません。しかしおめでたい特別な日には、良い留袖を着たいものです。

レンタルでは、その日に必要なものがすぐ見つけられ、その日だけ着用することができます。年齢とともにサイズも変わりますし、留袖の柄もそのときどきの自分に似合う柄が、変わってゆきます。レンタルですと、サイズ、柄、季節に合わせた生地など、豊富にそろっていますので、そのときその年齢にぴったりと合う柄の留袖を、選んで華やかに装うことができます。またレンタルでは、その後の保管の心配もありませんし、お仕立てに比べて低価格で、希望を叶えることができるでしょう。数少ない、おめでたい日を、ぴったりとした装いで、迎えることができるというのは、レンタルならではのたいへん合理的で、賢く、経済的な方法のひとつと言えるのではないでしょうか。