若い新郎新婦

服装について

品質の高いモーニングのレンタルをしたいとお考えならコチラで業者を比較してくれていますので一度ご覧になって見てください!

新郎新婦の父親が気をつけなければならない、結婚式のマナーの一つに服装が挙げられます。基本的にモーニングを着用する事が一般的ですが、和服の袴を着用する場合もあります。 結婚式において、どちらでも問題はありませんが、気をつけなければならないのは、スーツは着用しないという点です。新郎新婦の父親は、ゲスト目線でいけばホストという立場にあります。ホストはゲストよりも、格式の高い服装でお出迎えする事が基本的なマナーなのです。 しかし、モーニングを持っていないという方が殆どでしょう。その場合は、レンタルする事がお薦めです。結婚式場でレンタルする事も出来ますし、ウェディングドレスなどを取り扱っているレンタルショップでも取り扱っている場合が多いです。

モーニングをレンタルしたい場合には、結婚式場の提携ショップで借りる方法と、提携外のレンタルショップで借りる方法の2種類があります。 基本的に提携ショップでは、お客様を紹介してくれる結婚式場に対して、紹介料を支払っている場合が多いです。ですから、提携外のレンタルショップよりも多少価格が高くなる場合が殆どです。 提携ショップのモーニングは、おおよそ2.5万円くらいから借りる事が出来ます。もし、靴などの小物もレンタルしたい場合には、追加料金が必要となってきます。そして、提携外のレンタルショップでは、1.5万円くらいから借りる事ができ、小物もついてくる場合が多いです。勿論、この価格はショップによって様々ですし、モーニングの質の違いによっても上下します。 提携ショップの方が、多少価格が上がりますが、結婚式場が準備してくれている事からくるメリットも大きいです。結婚式当日に、式場の更衣室に行けば準備されています。そして、帰りには、脱いだらそのまま式場に返せば良いだけですから、手間がかかりません。 状況や利便性を考えて、提携ショップで借りるかどうかを検討すると良いでしょう。

注目の記事